財団/その他 一覧
臨済宗建仁寺派 天心山 神勝寺

天心山神勝寺は、昭和40(1965)年12月2日、益州宗進禅師(臨済宗建仁寺派第七代管長)に深く帰依された開祖神原秀夫氏が禅師を開山に招請して建立された臨済宗建仁寺派の特例地寺院。境内には多くの伽藍が立ち並び、また茶室を設け、禅と茶道を根本として日本だけでなく海外にも広く門戸を開き、臨済宗を通じて今まさに生きている方々が「今を生きる」ために己を見つめ共に研鑽する場です。